バリ島のインターネット事情
─2014年7月改訂─


携帯電話(3G・4G)回線

 概要:

▲バリ島内で販売されている3G対応WiFiルーターの例。 左は「ポケットWiFi」「モバイルルーター」「MiFi」等とも呼ばれるWiFi接続専用の携帯用、右は有線LANケーブルでも接続可能な据え置き型。
 携帯電話回線を使ったインターネット接続は、インドネシア国内でも多くの携帯電話キャリアが提供しています。TelkomselIndosatProXLSmartFrenなどのキャリアが人気です。
 固定回線のような設置工事が不要で、携帯電話キャリアのオフィスや街の携帯電話屋でSIMカードのアクティベーションやインターネット接続の登録を済ませてもらえば、既にスマートフォンや3G/4G対応のタブレット端末をお持ちの方ならダイヤル操作またはSMSでの申し込みと端末側の設定で、USBモデムやWiFiルーターなら自宅でのインストール作業や設定作業を終えてすぐに、インターネットに接続できます。
 手軽に導入しやすいので、数週間~数ヶ月程度の短期滞在の方はもちろん、他の接続方法の導入待ちや、他の接続方法で不都合があったときの代替策としても使えます。
 スマートフォンに「テザリング」機能が備わっている場合は、WiFiやUSB接続でインターネット接続を共有できるので、簡易WiFiルーターとしても使用できます。また、一部のスマートフォンではない携帯電話(フィーチャーフォン)でもモデムとして利用する機能が備わっている場合もあります。
機器の種類 利点 注意点
USBモデム USBポートに刺すだけでインストール開始。
インターネット接続する機器がPC1台のみの場合、手軽に導入できる。
複数台で同時使用するにはUSBモデム用ルーターを買うかPC上でWiFi共有を設定する必要がある。
最新OSに未対応の製品もあり。
WiFiルーター PC、スマートフォン、タブレット端末など複数台同時にインターネット接続可能。WiFiのない機器もインターネット接続する場合、有線LANで接続可能な据え置き型もあり。 設定箇所がモデムより多くなり、当地で売られている製品の殆どは設定画面が英語表記なので、英語表記画面での設定に慣れていない場合は注意が必要。
スマートフォン、
タブレット端末で
テザリング
近年発売の殆どのスマートフォンや3G/4G対応タブレット端末ではテザリング対応済み。表示言語に日本語がある場合は、設定画面も日本語表記で判りやすい。
WiFiのない機器は接続不可能。
プリペイドSIMでは、通話分で残高不足となりインターネット接続パッケージを更新できず、気付くまで割高な料金でインターネット接続となる場合も。
 料金の支払いは、接続パッケージやSIMカードの種類に応じてプリペイドまたは月払いのどちらかの契約になります。
 従量制パッケージでは、頻繁にインターネットに接続したつもりはなくても、PCやスマートフォンの自動アップデートなどによりパッケージの残り容量不足に陥ることがありますので、スマートフォンアプリやキャリアのパーソナルページ(my.telkomsel.cominstant.indosat.com123.xl.co.idmy.smartfren.com等)などで残り容量をこまめにチェックすることをおすすめします。
※このページでの「USBモデム」や「WiFiルーター」は、それぞれ3G/4G通信対応品を指します。



 登録から使用開始までの大まかな流れ:(プリペイドSIMカードでの例)

  1. プリペイドSIMカードを購入し、SIMカードをアクティベーション。
    通常はSMS送信でアクティベーションを行います。アクティベーション時にパスポート等身分証明書の番号が必要になりますので、あらかじめ手元に準備しておいてください。
    ※1~3の操作は、モデムやWiFiルーターにダイヤル機能やSMS送受信機能が備わっていない場合は、SIMカードを他の携帯電話に刺して行う必要があります。販売店店員が代行してくれる場合もありますので相談してみてください。
  2. インターネット接続パッケージの申し込みに必要なプルサ(料金)のチャージ。
    携帯電話ショップ、コンビニ、ATM、インターネットバンキングなどでプルサをチャージします。パッケージ料金以外に、初回登録料が必要なキャリアやパッケージもありますのでご注意下さい。
    ※「最初の何GB/何ヶ月無料」という類のプロモーションがある場合は、プロモーション期間が終了するまで2~3の工程が不要な場合もあります。但し、プロモーションによっては別途登録作業が必要な場合もありますので、ショップ店員や各キャリアにお問い合わせ下さい。
  3. インターネット接続パッケージの申し込み。
    ダイヤル操作またはSMSにて申し込みを行います。完了すると、SMSにてお知らせが届きます。WiFiルーターやモデムにSMS送受信やダイヤル機能がない場合は、SIMカードを同じ電波方式の携帯電話に刺して登録してください。
    申し込み方法は、あらかじめ各キャリアのサイトなどでご確認下さい。
  4. APN(アクセスポイント名)やユーザー名やパスワード、ルーターやモデムの場合は接続番号も設定。
    設定項目の内容は各キャリアによって異なります。各キャリアのサイトなどであらかじめ調べておいてください。WiFiルーターやモデムの設定方法は、各機器の取扱説明書やオンラインマニュアルをご覧下さい。
    完了した時点でインターネット接続が出来ない場合、インターネット接続パッケージが有効になっているか、APN設定は正しいか、データ通信がオンになっているかを再確認してください。
  5. キャリアのパーソナルページに登録。
    各キャリアのモバイルサイトには、プルサやインターネット接続パッケージの残量確認やパッケージ登録・変更・停止が可能なパーソナルページがあります。他社回線を経由したWiFiではユーザー名とパスワードがないと表示できないことが多いので、購入したSIMカードのキャリアでパーソナルページが存在する場合は登録しておくことをおすすめします。


 注意点:



 接続パッケージ例:

Telkomsel(http://www.telkomsel.com)の接続パッケージ例抜粋(2014年7月現在)
接続パッケージ名 初期費用 料金※1
(有効期間)
下り
最大速度※2
容量 容量オーバー
時の料金・
制限など
備考
simPATI
Flash Ultima -
Volume Based
機器代と
SIMカード代※3
Rp. 100,000
(30日)
14.4Mbps 計4.5GB
(2G&3G:1GB
+ 3G:2.5GB+
深夜※4:1 GB)
Rp. 1.5/KB 申し込み時に、単発契約か自動更新かを選べます。
simPATI
Flash Optima -
Kuota Based
Rp.60,000
(14日)
7.2Mbps 500MB/月
制限容量を超えると、接続速度が次回更新まで16kbpsにダウン。 但しTURBOパッケージ併用で速度復旧と容量追加可能
Rp. 130,000
(30日)
2GB/月
FLASH TURBO Rp. 50,000 7.2Mbps 1.2GB 再購入かUNLIMITEDの次回更新まで速度低下 上記Optimaの
追加分パッケージ
Rp. 100,000 2.5GB
simPATI Paket
Smartphone,
Tablet, &
Modem
Rp. 150,000
(60日)
14.4Mbps 計6GB
(2G&3G:3GB
+ 3G:3GB)
Rp.2.5/KB
申し込み時に、単発契約か自動更新かを選べます。
Rp. 225,000
(90日)
計8GB
(2G&3G:3GB
+ 3G:5GB)
Rp. 400,000
(120日)
計12GB
(2G&3G:6GB
+ 3G:6GB)
Indosat(http://www.indosat.com/)の接続パッケージ例抜粋(2014年7月現在)
接続パッケージ名 初期費用 料金
(有効期間)
下り
最大速度※2
容量 容量オーバー
時の料金・
制限など
備考
Super Internet Kuota 機器代と
SIMカード代※3
Rp.49,000
(30日)
42Mbps
計7GB
(終日:1.5GB+
深夜※4:5.5GB)
Rp. 1/kb Indosatの街頭WiFi(Indosat SuperWiFi)も使用可能になります。
容量不足の場合、下記追加パッケージの申し込みで容量が追加されます。
Rp. 99,000
(30日)
計9GB
(終日:3.5GB+
深夜※4:5.5GB)
Rp. 199,000
(30日)
計14GB
(終日:8.5GB+
深夜※4:5.5GB)
Paket EXTRA Kuota Rp. 20,000 600MB 上記Paket Super Internet Kuotaの追加パッケージ。使用期限は元のパッケージと変わらず、使用期限内に何度でも購入可能
Rp. 60,000 1.5GB
ProXL(http://www.xl.co.id/)の接続パッケージ例抜粋(2014年7月現在)
接続パッケージ名 初期費用 料金
(有効期間)
下り
最大速度※2
容量 容量オーバー
時の料金・
制限など
備考
HotRod 3G+ 機器代と
SIMカード代※3
Rp. 49,000
(30日)
7.2Mbps 計3GB
(終日:1.5GB+
深夜※4:1.5GB)
Rp. 1/kb 期間内に使い切った場合、一度停止した後に再申込みでまた30日使えます。
Rp. 99,000
(30日)
計5.1GB
(終日:3.6GB+
深夜※4:1.5GB)
Rp. 199,000
(30日)
6GB
(3Gのみ)
SmartFren(http://www.smartfren.com/)の接続パッケージ例抜粋(2014年7月現在)
接続パッケージ名 初期費用 月額料金 下り
最大速度※2
容量 容量オーバー
時の料金・
制限など
備考
Volume Based/
Volume Based EVO
機器代と
SIMカード代※3
Rp. 50,000
(30日)
14.7Mbps 終日:1.75GB 制限容量を超えた場合、通常のConnexパッケージの方は一度パッケージを停止させて再申し込みすることにより再び使用可能、Connex EVO(※5)申し込み済みの方はプルサ(料金)を入れた額に応じて自動的に対応パッケージになります。プルサをチャージ後、パーソナルページなどでは入金と容量追加が確認されても、実際に再び接続できるまで1時間ほど待たされる場合がありますのでご注意下さい。
EVO申し込み済みの方が期限終了前にプルサを入れた場合、残り容量は持ち越され,ます。
Rp. 60,000
(30日)
終日:2GB+
深夜※4:12GB
Rp. 100,000
(30日)
終日:5GB+
深夜※4:12GB
Rp. 150,000
(30日)
終日:9GB+
深夜※4:12GB
※1:ラマダン・レバランなどの期間中やバリ島外では価格が異なる場合があります。
※2:最大速度は、常にこの速度で接続できることをキャリアが保証しているものでありません。機器の仕様を超える速度での接続は不可能であり、接続エリアの状況やキャリア回線と国内バックボーンの混雑状況などにより速度は低下します。特に、Indosatでも42Mbpsで接続可能な都市は2014年7月現在一部地域に限られています。
※3:スマートフォンやモデムやWiFiルーターとSIMカードをセットで販売しているキャリアや販売店もあります。詳しくは各キャリアや販売店にお問い合わせ下さい。
※4:深夜帯などの時間帯は各キャリアにより異なる場合があります。申し込み詳細やサイトなどに記されている時間はWIB(西インドネシア標準時)なのでご注意下さい)
※5:Connex EVOは、プルサの入金額に応じた接続容量を自動的に更新できるパッケージです。但し、Connex EVOパッケージ加入者が複数回に分けてプルサを入れた場合、合計額ではなく1回分の額に対応するパッケージになります。例:2万ルピアのプルサを5回入れて合計10万ルピアでも5GB+深夜帯12GBのパッケージにはならず、2万ルピアに対応する500MB×5で合計2.5GBになります(2014年7月現在)。高額のプリペイドカードや入金が携帯電話屋で取り扱っていない場合や、コンビニ払いで高額プルサ非対応な場合、ATMやインターネットバンキング/モバイルバンキングでの支払いがおすすめです。プルサを入れたら早急にWebやSMSで再確認を。詳細は同社サイトを参照下さい。

 上記は3G回線での接続ですが、WiGOという4GのWiMax回線を使用したインターネット接続サービスもあります。現時点ではカバーエリアがデンパサール中心部からクタ南部までに限られていますが、今後のカバーエリア拡大に期待したいところです。




トップページへ戻る

インターネット事情トップ

ADSL回線

携帯電話回線

固定の無線回線