<

KITAS リタイヤメント・ビザ



 ・取得時55歳位以上であること、・年金受給者、の方を対象とした、インドネシアの優遇ビザ。このビザでの滞在期間は1年間。1年間毎に延長出来、最長5回まで延長可能(計6年間出国不要)です。 また、土地使用権や車・バイク購入の際に、外国人名義で登録できます。



主な必要書類

■有効期限が13ヶ月以上残っているパスポートのコピー(全ページ)
■年金証書か銀行残高証明書(日本/インドネシアどちらでも可)
■健康保険・生命保険・介護保険(海外旅行保険でも可)
■損害保険(インドネシアにおいて加入のこと)
■履歴書
■リゾート地区に家屋を所有又は月間賃貸料US$500以上の家屋に滞在している住居証明書
 (購入の方は領収書、賃貸の方は契約書)
■インドネシア人1名以上を家政婦として雇用する事。 被雇用者のKTP のコピー
■写真(バックを赤で撮影) 4cm×6cm、3cmx4cm、2cmx3cm
■配偶者も申請の場合は、配偶者のパスポートのコピーと婚姻証明
※各書類の必要部数は、イミグレーションまたはご利用の代行業者にお問い合わせください。


主な取得可能書類

■KITAS(制限付き滞在許可証)
■ブルーブック(外国人登録証)
■イエローブック(警察登録の証明書)
■STM(居住地を管轄する警察への報告書)
■SKLD(警察への報告書)
※上記の書類は全て1年間有効です。
※取得手続き日数 約2ヶ月(前後する事もあります)


KITAS取得後、インドネシアから出国する時の手続き

KITASを取得し、マルチプルリエントリーの出入国許可を別途取得していない外国人は、インドネシア出国の前に出国・再入国を届け出る義務があります。一時帰国や旅行などでインドネシア国外に出国する際は、計画時にKITASの有効期限を確認し、早めに代行業者へご連絡を。
  1. イミグレーションにて出入国許可(リエントリーパーミット)を申請します。申請時に KITAS(制限付き滞在許可証)の有効期限が出入国許可証に適応するかどうか確認します。
  2. 出入国許可にはマルチプルリエントリー(6ヶ月間有効で何度でも出国可能、KITASの有効期限が切れる7ヶ月前に要手続き。KITAS取得時に申請・取得可能)とシングルリエントリー(3ヶ月間1回のみ出国可能、KITASの有効期限が切れる4ヶ月前に要手続き)があります。
  3. 就労契約期間終了時には、KITASを放棄する為の出国許可 EPO(エポ)を出国前に取得することが必要です。
※出入国許可取得手続きには最低3日間(土日省く)かかります。
※取得費用と手数料に関してはお問い合わせください。 


トップページへ戻る

インドネシアのVISA概要

KITAS ワーキング・ビザ

KITAS リタイヤメント

マルチプル・ビジネス・ビザ

ソシアル・ビザ